アドバンスド・フォト・クラブブログ

キャンギャルやレースクィーンの写真を中心にカメラ、芸能、スポーツ、モータースポーツ、事件などの話題について書いてまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大阪オートメッセ2008の写真集第1、2弾

大阪オートメッセにて

2008年のビッグなイベントのひとつ。大阪オートメッセの写真集第1、2弾をアップしました。
是非ご覧ください。

 写真はこちらへ

東京オートサロンはけっこうたくさんのサイトでも写真をアップするようになりましたが、大阪はまだまだですね。
大阪も規模は結構大きいですし、大阪方面のキャンギャルが中心なので、見ごたえはあるとおもいます。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/27(水) 20:51:41|
  2. 東京GirlsSnap

おまけというイーモバイルの音声通話のビジネスモデル

あたらしいビジネスモデルとは言いがたいですが、確かに、ないよりはあったほうがいいというレベルのお話。ただ、基本的には中途半端なサービスになりやすく、活用しなければしないで絶対無料で済ますことができなければ加入者のメリットのないサービスです。

イー・モバイルが音声携帯に参入 低料金が武器(イザニュースより)

基本的には

音声通話サービスを利用するには、データ通信契約(2年契約の場合、通信量に応じて月額1000?4980円)が必要。


とのことなので、あくまでもデータありきではあるのですが、今まではそういうネット系ユーザーは別途携帯電話を持ち歩いていました。
それをこの一台で済ませるようになればいいな、というスタンスなのでしょう。
しかし、例えこのサービスに加入したとしても、携帯電話を手放せる人は極わずかといわざるを得ないのではないでしょうか。

ネットにつなぐのがメインですから、これから新規で登場する端末では多少不満はあるでしょう。PDAっぽい方はすでにソフトバンクなどからも登場していますが、画面が小さく、常に見るには、また入力するには無理があります。WlllcomのAdvanced SEで限界の小ささではないでしょうか。

できれば、現在の端末をもっとPDA型、そう、昔あった「HP200LX」っぽいデザインにし(もっと薄く、軽くできるはず)、音声通話に関しては専用のイヤホンマイクを付属させるといった手法がベター。音楽を聴いている間に通話ができれば便利。

あとは受信の場合が無料なのかどうか。それは調べてみないとわからない。もしも違うなら、価値は極めてゼロに等しくなります。
あくまでも通話は予備的な存在、という特化した端末としての電話機能なのですから。
  1. 2008/02/26(火) 04:36:59|
  2. 写真

RQ1チーム4人制のスーパーGTの人気に影は差すか

らしいです。
数年前にもそうなっていましたし、昨年も4人になっていたチームが結構ありました。
ただ、そうすると、今年は吉兆宝山からは4人は消えると・・・(GT500と300に両方出ている)?ん、スポンサーが同じだけ?チームが違うならOKなんでしょうか。

とはいえ、4人ルールとなるとどれだけ減るのか・・・。
ちょっと昨年のラインナップを拝見すると、4人以上出ているチームが10チームほど。最低20人ほどは減るのか?いや、もっとでしょうか。それより、今年は4人の代替が不可。そう、ピンチヒッターでレースクィーンを務めるということができないのです。
したがって、その子が体調を壊せばそれで一人は欠員となります。

今年は昨年超人気だった山崎みどりさんがレースクィーンを引退し、芸能活動に専念すると発表。そういう意味でも、スーパーGTは若干寂しくなるのではないでしょうか。
スーパーGTのレースクィーンはより狭き門となるわけですが、目指す女性の数はどんどん増えているという状況(芸能界への登竜門のひとつとして認知されつつあります)そういう意味では質の向上に期待できるのかな?と一抹の期待感もあります。

とはいえ、完全に固定のため、どこへ行っても金太郎飴。複数のレースに行かないファンが増えるのかも。
正直、レース場ではレース全体を楽しむのは難しいですし、終わってからCSなどで楽しむというのが一般的になっているようです。

とはいえ、スーパーGTの人気は上昇している傾向があり、今年は日産が切り札ともいえるGT?Rを投入。その人気もあって、さらなる集客を見込んでいる実態があります。
ただ、正直言ってマンネリ化が指摘されるGT?500クラス。3メーカー内での内輪争いで、どこが勝っても所詮は国内メーカーですし。
レギュレーションをもっと下げて、海外のメーカーでも500クラスに参戦できるつくりをしなければ、結局以前のCカーと同じ道を歩むことになりかねません。
  1. 2008/02/24(日) 23:38:21|
  2. 未分類

無茶苦茶なジャッジをFIFAは見ているのか?

もう無茶苦茶なジャッジ。
主審は日本を目の敵にする北朝鮮。
もうまさに中国の笛。ぼろくそ。もうスポーツじゃない。サッカーじゃない。

はっきり言って、中国と戦うのはやめたほうがよい。
これは、ヨーロッパの各クラブチームが中国との対戦を拒否したのにも如実に現れている。
それは、中国と戦うと、ラフプレーが多すぎてけが人が出る可能性が高いからだ。
FIFAは中国を除外する方向で考えて欲しい。
中国にはもともと世界標準でスポーツをする資格はないはずなのだ。
それがオリンピックをするなど、本来はもうスポーツ文化の終焉といってもよい。

日本人サポーターはスタンド内隔離で サッカー日中戦(イザニュースより)

中国はそういう国。中国には世界との協調という言葉はない。ルールの遵守や良心などくそ食らえというのが中国文化であり、「勝つためならなにをやってもよい」という中国の伝統「中華思想」の上になりたっている。

今日の試合が無事終わることを祈っている。
選手の誰もが選手生命を失うような大きな怪我をしないことを願っている。
この際、試合結果はいい。
無理はするな。東アジア選手権のタイトルなどどうでもいい。その方が心配だ。
中国選手は「日本人を血祭りに上げても罪はない」
と教えられているのだから。

後半。血を見ないことを真剣に祈っている。
それとFIFAの役員に是非見てもらいたい。
世界のサッカー文化をぶち壊す試合になりかねない。

追記>
安田選手が中国GKのカンフーでわき腹を蹴られて途中退場となった。
いくらカンフーの本場とはいえ、スポーツであるサッカーでその技を披露してもよいのか?
カンフーは格闘技の試合でやるべき。
衝撃の画像がYahooにも出ているが、このあたりはどんどんYou Tubeなどに流れるだろう。今はネット社会。中国人も見れるわけだが、自国選手の恥ずかしいラフプレーを彼らはどう思うのか。「日本人相手だからやって当然。死人が出なかっただけありがたく思え」的な考え方なのだろうか。そして、これをFIFAはどう判断するのだろう。
単なるプレー中の事故・・・とするなら、これから日本選手も空手や合気道あたりを習得させ、カンフーで攻撃されたら返さなければならないではないか。
もうカンフーハッスルだなこりゃ。中国に国際試合をする資格なし(キッパリ)。
  1. 2008/02/20(水) 20:11:26|
  2. 写真

トヨタのお家芸「カイゼン」

昨年のF1日本グランプリはかなりひどいものであった。
不運も重なった。大雨でレースもディレーされ、しかもレース自体も大雨で大荒れになった。
もっと穏やかなスタートであれば、それほどひどいものにはならなかっただろう。

昨年の大混乱でF1計画を大幅見直し 富士スピードウェイ(イザニュースより)

そんな逆境でも今年はトヨタのお家芸ともいえる「カイゼン」で対応。
そういう意味でも今年のF1日本グランプリが楽しみだ。

しかし、トヨタ自身がF1を開催するという状況の中、鈴鹿をろくに参考にもせず、自分たちの尺度だけで開催を行ってしまったこと自体、トヨタという会社の危うさを感じざるを得ない。
確かにカイゼンは素晴らしいが、大きなミスや失敗を起こす会社自体の体質を感じざるを得ない。

実際の成績もぱっとしないトヨタ。
撤退すら囁かれる昨今。せめてF1日本グランプリだけでも成功させたいところだろう。
  1. 2008/02/20(水) 19:30:36|
  2. 未分類

反動?

20080210144456
さすがに今日は人が多いですね。
昨日は雪でたいへんでしたから。東京から来た人は大変だったでしょう。
  1. 2008/02/10(日) 14:44:56|
  2. 写真

サッカー日本代表の課題となぜ?

喜べない?とんでもない、とにかく勝てたのだから喜んでよい。
しかも一軍級選手は海外のクラブに取られてしまい、国内では1軍半が主力。
GK川口自体、もう2軍に足を突っ込むほどのレベルの低い守備だった。
それは、タイのミドルシュートによる一点ではなく、ほんのちょっとあったピンチでの守備とキャッチングにも垣間見られた。早く引退したほうがよいのでは。

4?1だが…手放しで喜べない日本 W杯アジア3次予選(イザニュースより)

正直、ウイングのレベルが低い、駒野は頑張っているようだが、それはタイのレベルがさらに低いだけだった。内田もボールをもったとたんにおどおど、ほろほろ、草サッカーじゃないんだから。
守備においては合格点ではあるが、この二人を切り替えない限り、日本は通用しそうにない。もちろん羽生みたいにちょこまかしているだけでテクニックの欠片もないような選手が代表であること自体に日本のレベルの低さが垣間見られる。

今回はタイが自滅してくれたが、このままだとアウェーでは負けてしまうかもしれない。
実際にはそれ以外のチームもレベルは低く、とりあえず3次予選はクリアしてしかるべきだが、最終予選でこれではWカップに行くのが恥ずかしい。

希望はFWの二人、大久保と高原が機能すれば、爆発力があるだろうという目処がついたこと。
最終予選では海外組み、特に中村俊介が帰ってくるだろう。そうすれば、このFW二人とよい三角関係を作れて、ゴールを量産してくれる期待ができる。
もっとも、そのためにもウイング二人をフランスにいる松井や中村とおなじセルティックにいる水野に切り替えられるかどうか。

岡田監督が偏ったオシムの選手起用を補正できるかどうかが鍵になるだろう。
巻?今回はたまたま点を取ったが、彼はフォワードでありながら、守備要員だ(笑)

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/02/07(木) 22:49:56|
  2. 写真

東京オートサロン5、6弾をアップ

ちょっとペースを上げていかないと、春になっちゃうとレースも始まっちゃうしまずいなぁなんて思いながら必死に写真を整理してます。
で、ようやく第6弾まできました。
いえいえ、まだまだ写真ありますので、これからもお楽しみに。

というわけで、
東京オートサロン、 キャンギャル、レースクィーン、コンパニオン写真
  1. 2008/02/05(火) 02:41:08|
  2. 東京GirlsSnap

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

キーワードフォトギャラリー

興味のある文字をマウスでドラッグしてみましょう・・・するとあら不思議!!


カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

APC PRO QR CODE

QRコード

画像ポップアップ


斎七@虹のもとブログ

アマゾン

月別アーカイブ

プロフィール

いっせい

Author:いっせい
歳相応に頑張って生きてます。
写真を撮るのが趣味なので、いろんなところへ出かけています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG COUNTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。