アドバンスド・フォト・クラブブログ

キャンギャルやレースクィーンの写真を中心にカメラ、芸能、スポーツ、モータースポーツ、事件などの話題について書いてまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーパー耐久レース2008レースクィーン特集

2008super_taikyu_blog2.jpg

いよいよスーパー耐久2008のレースクィーンコーナーをアップいたしました。
是非ご覧ください。
今年はZ4の2台が熱い!というわけで、ST2のランサー対決と加えて各所でガチンコ勝負が組まれている感じですが、レースはとにかくわかりにくい・・・。せめて2カテゴリーにしてほしいような・・・。
スーパー耐久2008レースクィーン特集
スポンサーサイト

テーマ:モデル撮影会 - ジャンル:写真

  1. 2008/06/27(金) 01:08:27|
  2. 東京GirlsSnap

ゴールにアタックしない日本人気質

シュートするのは二の次。
そんな雰囲気が漂う試合でした。
え?ゴール前でパスをする練習?

単調なゴール前でのパス回し。
誰も自分でアタックして、自分で打開してシュートしようとしない。
隙を見つけてミドルシュートをしようとする選手もいなかった。
だから、スペースもできないし、相手にも怖さがない。

ゴール前ではひとつのトラップがディフェンダーの餌食になるし、ひとつのパス回しがクリアにつながる。だから、シュートをする直前はほとんど自分でドリブルをするか、キラーパスを受けるか、もしくはワンツーで打開するかしかない。
それ以外ではサイドからのボレーやヘディングしかない。

ただ、それらはすべてバランスよく行われる必要があり、また強力でなければならない。
やはり、日本には強引にでも打開してくれるフォワードが必要ですね。
それは間違いなく高原しかいないでしょう。

最終予選。現在は不調にあえいでいますが、それはチームが高原を活かせていないだけ。
アタックできるフォワードである高原に存在価値を与えられるかどうかが日本のワールドカップ出場のキーポイントとなってくるでしょう。
そして、必要な戦術はシュートエリアの出し入れ、かなとおもいます。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/23(月) 22:45:29|
  2. 写真

大リーグはなぜデービッドソン審判員を使い続けるか

大リーグはなぜデービッドソン審判員を使い続けるのだろう。
不思議で仕方がない。
なにか理由があるのかもしれないが、このような人種差別的な人物を審判員にしていてもいいのか。

あれは野球じゃない! 岩村、体張った守備みせる(イザニュースより)
 
 機能、巨人の選手がソフトバンクのセカンドの足にスライディングをし、見事にヒット。そのセカンドは病院送りとなりました。
 確かにベースボールというのはそういうものではあるが、相手に怪我をさせるような行為は明らかにルール違反であるし、それ以前に人間としてやってはいけないことではないでしょうか。

 今回のシーンも明らかに岩村選手を怪我をさせようという好意であり、少なくとも守備妨害を取るべき。といっても無理ですね。
大リーグはこんな審判を使う、スポーツではないスポーツ大国ですから。
大リーグも、彼らにすれば、プロレスのハッスルみたいなもんです。
夢、NO.1だ、世界最高だとハシャグ大リーグに行きたい症候群の選手たち。
それを北京オリンピックで証明しようではありませんか。
大リーグに行った選手は誰一人出ない?ようですから。
  1. 2008/06/22(日) 15:03:16|
  2. 写真

スーパー耐久レースクィーンの写真しばし

スーパー耐久も第3戦を終了しました。
小生もたくさんの写真を撮らせていただきましたので、いよいよアップしていきたいとおもいます。
え、スーパー耐久ってなに?
それは、アップするのでもう少し待ってくださいね。
写真は今年の主役、BMW Z4の50号車です。
2008スーパー耐久レース
  1. 2008/06/21(土) 01:29:14|
  2. 東京GirlsSnap

富士フィルムが独占企業に

チェキを愛用する筆者には朗報なのか?
ポラロイドがフィルムの生産を完全に停止すると。
結果、富士フィルムが独占企業となります。

ポラロイド撤退で“特需” 富士フイルム、インスタントカメラ好調(イザニュース)

もちろん、富士フィルムはチェキだけを作っているわけではなくて、あらゆる種類のフィルムを生産しているわけですが、その中で新たに独占状態になるのは
「ピールアパートタイプ」
という工業用の色と画質を重視するタイプのフィルムなのだとか。

実はインスタントフィルムの需要の多くを占めているのは医療や証明関係の写真で、これからフィルムの在庫がなくなり次第、機械も一緒に富士フィルムに変えなければならず、富士フィルムに大きな利益が持たされると同時に、生産コストの低減が可能になると思われます。

現在は量販店などで大判タイプのインスタントカメラが売れ始めているようで、チェキの倍の大きさを持つインスタントカメラが売れているのでしょう。
ファッション業界や工事関連、証明写真関連など、え、意外に使われてるんだ?と驚くことになるかもしれません。

もちろん、チェキ自体も需要がもう一度復活するかもしれませんね。
  1. 2008/06/16(月) 18:24:55|
  2. スポーツ

企業はイメージダウンを回避?だが

ミズノ、デサント、アシックス。有名スポーツ企業が完全な敗北を認め、結局は自社の水着に執着するよりも、一般ユーザーへのイメージダウンを避けることを選んだようです。
違約金もないそうな。
当然ですけど。水着の開発競争に著しく負けたわけですから。

事実上の契約破棄…それでも3社は「異議なし」? 「スピード水着」問題(イザニュースより)

でも、現実問題として、水泳選手たちが満足に練習ができるのは、こうした企業が金銭的にも他の面でもバックアップしているからであり、水泳選手である以上、そのバックアップの理由は「水着」にあるのは当然です。

ただ、日本水連が選手を縛ろうとしたことに対しては、明らかに企業からお金が流れていたことは確かだし、利権構造が明らかになったところだ。果たしてこういう行為自体が他社の参入を阻害する独占禁止法に抵触しないか、気になるところです。

日本水連側との関係継続を重視する姿勢に加え、「利権で選手をしばるのか」と批判する声も寄せられており、世論への配慮がある。



実際にこうした批判も少なからず寄せられているとの事ですが、現実問題としてプロスポーツ選手には必ずついてまわることでもあります。アメリカなどはさらに酷い状況なのです。

企業側も

契約反故に対しては「社会通念上、何らかの措置が取られなければならない」(大手幹部)との反発も根強い。テレビで日本水連の会見内容を確認した大手メーカー幹部は、「契約のあり方について、今後当事者間で厳しく話し合う」と唇をかみしめた。



見直すのは結構ですが、果たしてこういった契約が商法的に許されるのかがやっぱり気になります。水泳選手がどの水着を着るかは最終的には自由なはずで、選手自身が着たいといったということは、イコール、スポンサー契約を破棄するということ。それに対して日本水連が圧力をかけたことは問題でしょうね。

ただ、このまま固辞して、違約金だのなんだのと言えば、極めてイメージダウンは大きく、筆者も
「ミズノ?ああ、あの水着でごねた会社ね」
とすでにイメージが出来上がってしまいました。
もちろん、他のスポーツ商品でもミズノはすでに避けちゃいますね。

そのあたり、よほどに日本水連との利権構造が確立されていたのでしょう。対応が遅すぎますね。北島選手がスピード社の水着で世界新を出してしまった以上、(しかも下半身だけの水着だった)イメージダウンは決定的ではあるのですが。
トップに敏感な思考とビジネスセンスがない企業は生き残れないです。
  1. 2008/06/11(水) 01:32:53|
  2. 写真

火星に氷?いや単なる巨大な岩か?

本当に氷なの?もしそうだとすれば、大発見であることに間違いはないですね。
ただし、それを水だと確かめて、実際に持ち帰るには再び大きなプロジェクトが必要になります。

火星の氷か? 探査機フェニックスが撮影(イザニュース)

筆者が思うに、日本が開発中のロボットに多数の組織型の知能を組み込んで、火星でできることはすべて火星で彼らにさせてしまうといい。
ある程度のオジェクトな命令を与えておけばよいようにする。

といった具合に、日本がロボットを数体と資材を送り込めばいいようにすれば、世界の宇宙開発はあっという間に何のリスクもなく日本がトップになれるということです。
なぜ?どうしてわざわざ人が行かなければならないのでしょう。
もう宇宙開発にこそ、人を送ることに意味がなくなってきていると思います。
  1. 2008/06/02(月) 03:09:50|
  2. 写真

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

キーワードフォトギャラリー

興味のある文字をマウスでドラッグしてみましょう・・・するとあら不思議!!


カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

APC PRO QR CODE

QRコード

画像ポップアップ


斎七@虹のもとブログ

アマゾン

月別アーカイブ

プロフィール

いっせい

Author:いっせい
歳相応に頑張って生きてます。
写真を撮るのが趣味なので、いろんなところへ出かけています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG COUNTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。