アドバンスド・フォト・クラブブログ

キャンギャルやレースクィーンの写真を中心にカメラ、芸能、スポーツ、モータースポーツ、事件などの話題について書いてまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岡島が復活したの?それとも・・・

 ある意味日本よりも熱いのがアメリカメジャーリーグ。なんといっても日本を代表するプロ野球選手があれよあれよという間に渡米。立派にチームの戦力となっているのです。

 どちらかといえばピッチャーの方が敷居は低いように思われますが、その典型が今、松坂と一緒に活躍する「岡島投手」です。彼はこれまで巨人を経て日本ハムである程度は活躍したものの、レッドソックスという強豪に入り、活躍できるほどの力はないと思われていました。ところが、今や松坂と同等の扱いをされ始めるほどに活躍をしています。

 もちろん、日本ハムへ移籍した際、阪急からオリックスで大投手の名を欲しいままにし、阪神で投手も経験した佐藤義則投手コーチの元でフォームを改造、努力に努力を重ねて巨人全盛期の力あるボールを投げられるところまで来たとのことです。

 その成果が大リーグ7チームからのオファーを受けるという結果として出てきたわけですが、実は大リーグは慢性的な中継ぎ投手不足。打者と比べると投手力ではトップクラスを省くと日本の平均より低いのではないかと思われる程度なのです。

 アメリカでは完全成功報酬型なので、成功するまでは極めてギャランティーは少ないのです。だから、比較的ギャランティーをくれる日本や韓国、台湾などである程度活躍し、そして大リーグへ戻るという方式が徐々に定着していると言えます。
 格差問題といったところでしょうか。

 岡島は復活してボールの力はアップし、パリーグで十分に通用するピッチャーにはなったけれど、彼がここまでおだてられるなら、日本のFAできるピッチャーが次々と大リーグへ流出?なんて危機感も覚えてしまいます。
 逆に若手のマイナーとメジャーの狭間にいる外人ピッチャーがアジア球団に大量流入。なんだかへんな業界になるような・・・。
 
 黒田・・・上原・・・西口・・・川上・・・怖いですね。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/22(日) 19:02:36|
  2. 写真

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

キーワードフォトギャラリー

興味のある文字をマウスでドラッグしてみましょう・・・するとあら不思議!!


カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

APC PRO QR CODE

QRコード

画像ポップアップ


斎七@虹のもとブログ

アマゾン

月別アーカイブ

プロフィール

いっせい

Author:いっせい
歳相応に頑張って生きてます。
写真を撮るのが趣味なので、いろんなところへ出かけています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG COUNTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。