アドバンスド・フォト・クラブブログ

キャンギャルやレースクィーンの写真を中心にカメラ、芸能、スポーツ、モータースポーツ、事件などの話題について書いてまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発売前から再値下げする可能性は?EOS 40D

事前にどれだけの情報があったのかはともかく、キヤノンはニコンにほぼ同等と思わせられるランクの機種を大幅な性能アップで発表され、報道合戦に破れ去った。

もしも発表日が逆だったらキヤノンは40Dを発表したのか、できたのか。もしかすると5Dの後継を前倒しし、40Dをお蔵入りとしたのではないか。もしくは30Dと5Dの間の機種としてニコンのD300と同等の性能にして、一ケタ台の機種版で出したのではないか。もちろんこのときも40Dはお蔵入りだ。

もしもそうなら、この40Dという機種。極めて短命になるやも知れぬ。なぜならKiss DXの後継が自ずと出てくるはずだからである。そのときスペック的にも40Dの意味は失われてしまう。とすると、40Dから○Dへの期間は極めて短い。ただ、すでに40Dは生産しているし、生産ラインは確立されている。それをすぐに○Dに変更することはできない。

しかし、40Dは作るものの売れ残るようでは、ヤマダ電器などで大量に投売りをしなければならなくなる。それは現行商品としては避けたい。
そこで、先手を打って、発売時にはさらに値段を下げてくる可能性がある。その価格は実売10万円を切るあたりか。

さすがにその値段になれば、ニコンの実売とは性能が違うとはいえ10万円の違いがある。そうなると購買者側もニコンを買うよりも、キヤノンの中で選びたくなる。その間、40Dが捌けたあたりで○Dをニコンと同等価格、もしくはそれ以下で当てて、さらに同時にKiss D○を発表する。もちろん価格は10万円以下。さらに性能は部分的に40Dを越えるもの。

もしもその戦略がはまるとなると、ニコンはまた新規ユーザーを取り込めなくなってしまう。かなり検討しているニコンのD40Xだが、レンズが限定されてしまうため、購買者は買った後に後悔している率は高いと思われる。ちゃんと説明を聞いてたらキヤノンにしていたと。

ニコンは今回D3というハイエンドな機種を発表したに付け、フィルムでいうところのF6のようなハイエンドユーザーを取り込み、ファンを再び確立できることは同社にとって意義は大きいだろう。今後、キヤノンと同じ軸で戦うことができることは今後の良き競争へ大きな弾みとなると期待したい。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/25(土) 23:56:49|
  2. スポーツ

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

キーワードフォトギャラリー

興味のある文字をマウスでドラッグしてみましょう・・・するとあら不思議!!


カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

APC PRO QR CODE

QRコード

画像ポップアップ


斎七@虹のもとブログ

アマゾン

月別アーカイブ

プロフィール

いっせい

Author:いっせい
歳相応に頑張って生きてます。
写真を撮るのが趣味なので、いろんなところへ出かけています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG COUNTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。