アドバンスド・フォト・クラブブログ

キャンギャルやレースクィーンの写真を中心にカメラ、芸能、スポーツ、モータースポーツ、事件などの話題について書いてまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テストで欺いた日産。JTCC時代のグレーな争いに逆戻り

実はスーパーGTの理念では、ひとつのメーカーが圧倒的に速いということがあってはいけない、というものがある。それは、以前、人気絶頂からまっさかさまに落っこちたJTCCの苦い経験があったからである。
JGTCはその後を受け継いだシリーズで(車の規格やスペックには大きな違いがあり、正確には別カテゴリーだが)、スーパーGTはその呼び名を新しくしたものだ。

圧倒的強さにも気を緩めず 日産GT?R スーパーGT開幕戦(イザニュースより)

テスト時、確かに車の動きはよかったが、それほど速いという印象はなく、それよりも新車による初期トラブルに泣くのではないかという懸念さえ聞こえていた。
ところが、このぶっちぎりの独占状況は、ある意味
「テストでは他チームおよび主催側を欺いた」
ということではないのか。
確かにグレーな戦略で、それを悪いとは言えないが、主催側としてはとてもほっては置けない事態だ。

もしも今回の優勝で30Kgのハンデを与えたとしても、次戦岡山でも圧勝するだろう。そして100kgとハンディ0でやっと同等か。そうなれば、上位を日産が独占。下手をすれば、トヨタやホンダはスーパーGTから撤退。JTCCと同様に、日産のGT?R祭りになるかもしれない。

それはそのままにしておいた場合に考えられる最悪のシナリオだが、おそらく、次で様子を見た上で、日産GT?R全車にエアディストリクターを1から2段階絞ることになるであろう。そうしなければ、日産がシリーズの1位から5位までを独占。他メーカーはもう馬鹿馬鹿しくてレースに参加する気を失うことになる。

2009年からは大幅なレギュレーション改定に動くわけだが、それはスーパーGTの終焉を早める結果になるのではないか、と有識者は危惧している。
今回の日産GT?Rの圧勝はそれを予感させる出来事であった、と後世に語られる可能性が高いと筆者は考えている。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/17(月) 23:03:39|
  2. 未分類

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

キーワードフォトギャラリー

興味のある文字をマウスでドラッグしてみましょう・・・するとあら不思議!!


カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

APC PRO QR CODE

QRコード

画像ポップアップ


斎七@虹のもとブログ

アマゾン

月別アーカイブ

プロフィール

いっせい

Author:いっせい
歳相応に頑張って生きてます。
写真を撮るのが趣味なので、いろんなところへ出かけています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG COUNTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。