アドバンスド・フォト・クラブブログ

キャンギャルやレースクィーンの写真を中心にカメラ、芸能、スポーツ、モータースポーツ、事件などの話題について書いてまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今のF1に年間160億円の価値はない

F1を1年間戦うのに160億円、いや、さらに上位チームはその数倍使っていると。
F1というモータースポーツにそこまでの価値があるのか。
いや、ない。はっきりいってない。
昔は25?30億円との事だが、それでも高すぎるではないか。

アグリ撤退、F1の将来に不安の影「“個人商店”では戦い続けることもできない」(イザニュースより)

それだけのお金をかけても、放映権料はそれほど跳ね上がっているわけではなく、世界的に景気がよくなっているわけではないから、スーパーアグリF1チームが厳しいのは当たり前だ。
もっとも、それでも日本企業が力を合わせれば、参戦を続けてもらうことくらいはできたはずだが。

鈴木亜久里氏が指摘するとおり、F1の未来は明るいとはとても言いがたい。
F1が魅力的である要素はあるものの、それを伸ばしていくだけの余地がすでに失われつつあるからだ。
そのひとつが、最高峰へのチャレンジ精神を汲み取れない組織となってしまったこと。
F1というカテゴリーがファンだけではなく、モータースポーツに席を置く人にとっても夢でなくてはならないところが、こういう状況ではどうしようもないということだ。
昔はスポット参戦すらできたF1。今ではまるで封建世界のように閉ざされている。
あらゆるアイデア、あらゆる人、あらゆるファンが集まってこそ、世界は発展するのではないのか。

今後、彼がどういう方向で活動していくか、とても興味深いところではあるが、できれば、世界に通用するF1に代わる何かを日本発で作って欲しい。それは、単なるフォーミュラというカテゴリーでなくてもよい。モータースポーツの魅力を我々のような元からファンの人だけではなく、今まで興味のなかった女性や子供にも熱狂してもらえるモータースポーツを作って欲しい。

格闘技のK?1のように、日本から新モータースポーツカテゴリーを作ってはいかがだろうか。いえ、言うほど簡単ではないのはもちろんだが。

そしたら、またレースクィーンも増えて、撮影も楽しくなるかな・・・

鈴木亜久里の冒険―走れ、F1ビジネス!!鈴木亜久里の冒険―走れ、F1ビジネス!!
(2007/09)
赤井 邦彦

商品詳細を見る


絶対、絶対、これからも鈴木亜久里氏を大注目である。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/07(水) 21:11:42|
  2. 未分類

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

キーワードフォトギャラリー

興味のある文字をマウスでドラッグしてみましょう・・・するとあら不思議!!


カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

APC PRO QR CODE

QRコード

画像ポップアップ


斎七@虹のもとブログ

アマゾン

月別アーカイブ

プロフィール

いっせい

Author:いっせい
歳相応に頑張って生きてます。
写真を撮るのが趣味なので、いろんなところへ出かけています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG COUNTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。