アドバンスド・フォト・クラブブログ

キャンギャルやレースクィーンの写真を中心にカメラ、芸能、スポーツ、モータースポーツ、事件などの話題について書いてまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やんわりとドラフトシステムを否定する読売巨人とナベツネ

一連のやり方は、これまで巨人だけがやろうとしてきたことではありません。
以前は横浜も西武も金を流して有望なドラフト候補選手を確保しようとしていました。しかし、実は隠れてとんでもないことをしていたというのが巨人であったことが少しずつ明らかになっています。

それを警戒する中で、こうしてやんわりと他球団にプレッシャーを掛けて、ドラフトに掛けさせないようにする。
果たしてドラフト会議自身が意味を成すものかどうかが極めて怪しいという現実があるのはこの記事の指摘するとおりだと思います。

巨人の沢村“一本釣り”で問われるドラフトの意義(イザニュースより)

もしも今回の件が暗黙の了解として通じてしまうのならば、今後、巨人が同様の手法で多くの有望選手をさらってしまう可能性もあると言えましょう。たとえば1?5位までの選手が、すべて
「巨人に入れないなら社会人入りします」
と宣言されたら、他球団はドラフトに掛けようがないでしょう。

こうして、ドラフト候補者、ドラフトを受け入れた者が逃げを打った場合、10年間はプロに入れないという決まりを作るべきです。それは大リーグに対しても示しあわせをするべきでしょう。
そうしなければ、プロ野球のパワーバランスが途端に崩れてしまう可能性が高いのです。

現実、大リーグでは、毎年上がってくるチームは同じ。
金のあるチーム、ないチームでやっぱり力の差ができてしまった。
だから大リーグは日本人が考えているほど人気があるわけではないのです。

え、ナベツネ?
彼は自分さえよければ、巨人さえ強ければいいと考えている。
彼自身にプロ野球界のことは頭にない。
あるのは巨人軍と自己満足だけでしょう。
そんな人物が発言力を持っていては、健全なプロスポーツになりえないし、なりえていないことを我々ファンはしっかりと認知しておくべきです。

少なくとも阪神タイガースが力を入れるべきは、新しく入ってくる選手の素質ばかりを見ることではなく、
「その選手の潜在能力、よいところを伸ばす、教育者としての力」
であります。
それができれば、たとえドラフト外選手しか新人選手がいなくとも、十分に強いチームができているはずです。
今こそ、なぜパリーグが強いのか、どうしてそれほど有望選手を取っていないはずのロッテや中日がここまで勝ち上がってこれるのかを考えるべきでしょう。



阪神タイガースが2003年優勝したのは、実は野村氏が育てた選手やコーチ、スタッフが中心となってがんばったからだった。それは星野楽天監督も認めるところです。
教育者を教育することも行ってきた野村氏の実力と功績をもう一度見直し、阪神タイガースにも助言をもらうべきではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/10/29(金) 23:25:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<フランスではデモはレジャー? | ホーム | 横浜ベイスターズは解散で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

キーワードフォトギャラリー

興味のある文字をマウスでドラッグしてみましょう・・・するとあら不思議!!


カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

APC PRO QR CODE

QRコード

画像ポップアップ


斎七@虹のもとブログ

アマゾン

月別アーカイブ

プロフィール

いっせい

Author:いっせい
歳相応に頑張って生きてます。
写真を撮るのが趣味なので、いろんなところへ出かけています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG COUNTER

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。